前へ
次へ

心に区切りをつけるペット葬

ペットを飼うことによって日常生活のストレスが解消されることもあり、可愛らしさという気持ちが湧くことでよりリラックスできます。またペットといることでストレス自体を感じにくくしてくれるので、いつでも優しい気持ちにさせてもらえます。しかし動物の命にも限りがあり、いつかお別れをする日がくるかもしれません。そんなときのためにあるのがペット葬で、可愛がっていた動物の葬儀をすることによって魂を浄化させ、また自分の気持ちにも区切りをつけることができるようになります。もちろん割り切った感情をつけることだけではありませんが、残された飼い主にとってペットは家族と同様の気持ちのはずです。その気持ちの整理をすることはペット葬での効果でもあり、孤独を感じることなく暮らせることができたことを心から「ありがとう」といえるようになります。そして時折おもいだすことができるようになり、亡くなった命日なども穏やかに過ごすことができます。

Page Top