前へ
次へ

ペット葬で行われる事とは

ペットが亡くなってしまった時に、悲しい気持ちを耐えながらも供養をする必要がでてきます。ペットを供養する方法として、ペット葬が該当してきますが、実際にどの様な対応がされるのか、気になる所です。葬儀を行う会社によって多少の違いはあるでしょうが、葬儀を行う前にペットの体重を計測する必要があります。何故ペットの体重を計測するのかというと、ペットの体重を基準に葬儀の費用に違いがでてくるので、多くの所で行われています。その後にペットを納棺する作業に移り、棺の中に花やペットが生前に好きだった思い出の物等を収める作業を行います。納棺の後はペットとのお別れの時間が設けられますから、最後のペットとのお別れをする事ができます。お別れが済んだら、出棺から火葬の段階に移っていきますので、ペットを火葬炉の前まで家族で見送る工程に入ります。火葬の後は収骨を行い、ペットの遺骨を骨壺に納めていけば、一通りの工程が完了する事になります。ペット葬は大切なペットをしっかりとした流れで見送る事ができますから、最後までペットと向き合う事が可能です。

Page Top