前へ
次へ

ペット葬に関する知識

ペット葬とはいっても、やはり悩ましいのは費用の問題です。そこで多くの場合「合同火葬」をお願いしています。一任合同では、出棺からお別れまでを飼い主や家族皆さんで行います。その後の火葬については立ち会わずに業者一任で行ってもらう葬儀が合同火葬です。ここで問題になるのが、飼い主が関与できる範囲が狭いことでしょうし、加えて、火葬後のお骨上げも納骨も全てを業者が行うという内容です。こうした合同火葬がなぜ行われるのか、それは野良犬や野良猫が亡くなっているのを見つけ、いたたまれない動物愛護の気持ちを持つ方がいるためです。きちんと火葬させて成仏させたい、だけども自分のペットではないから費用は抑えたい、そうした声に応えたのが合同火葬です。費用の相場は、小型犬の場合には5千円?です。もちろん、火葬にも立ち会いたい、お骨上げもしたいのならば、立会個別火葬も可能です。こちらの相場は、小型犬の場合2万円〜です。ペット葬では、動物愛護の気持ちと裏腹に、盆雑な葬儀を執り行う業者の声も少なからず耳にします。人の命と天秤にかけるのではなく、飼い主とペットの気持ちを汲む業者を選びたいものです。それには会社情報の明確さがポイントでしょう。どういった経緯で立ち上げた会社なのか、携わるスタッフの顔が見えるホームページ上の会社情報のみならず、資料も請求してみましょう。命はいずれ尽きるため、飼い主は早めに亡くなったその時を考えたペットのための終活を行いましょう。最近では、移動火葬業者の存在が不透明であるケースが問題視されています。料金は不明瞭さがないように、見積もりを出してもらいましょう。また、地域やペットを飼育している方々から評判のよい業者ならば安心できるでしょう。ちなみに、ペット葬での服装も悩ましいところでしょう。移動火葬であれ、共同火葬であれ、服装に関する縛りはありませんが、飼い主としては喪服が適しています。会葬者も同じく、喪服あるいは黒のビジネススーツという服装で参列しましょう。

京都で不用品回収業者をお探しなら回収専科のサイト

豊中で遺品整理業者に頼んで故人様の残された大切な物を整理

引っ越しによる不用品処分
不用品の処分の事ならエコループにお任せ

粗大ゴミ回収や不用品処分、ゴミ屋敷問題お任せください
いらないゴミを処分して住みやすいお住まいに

埼玉で遺品整理のご依頼ならわんぱくお掃除隊

Page Top